スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unknown Les Paul Custom type with Floyd Rose

すでに3月・・・。
春というのに雨が降ったりと寒いですね(´・ω・`)

今回は、久々に所有するギターの紹介をば。

10年ぐらい前にヤフオクで買ったギターです。
この当時はレスポールにトレモロユニットが付いたギターが欲しかった時期で、フェルナンデスなどからは出ていましたが、お店などに見に行っても「これ!」というギターがなく諦めていました。

と言うのも、フェルナンデスなどから出ていたものは、ネック材がマホガニーのものが多く、トレモロユニットを使うにはちょっと不安がありました。

そんなときたまたまヤフオクを見ていたところ、これを発見。

説明などを見ると、Freedom CGR 製とのこと。

Body Wood : Maple Top , Mahogany Back
Neck Wood : 3 Piece Maple and Rosewood fingerboard
Bridge : Floyd Rose Original
Hard Ware Color : Gold
Electronics : 2 Volume , 2 Tone , 3-way
Knobs : Gold
Neck Pickup : DiMarzio DP103 PAF
Bridge Pickup : DiMarzio DP155 Tone Zone

思い描いていたメイプルネック+ Floyd Rose のレスポールが目の前に!!!
ピックアップは自分で交換することを考えれば問題ないし、メイプルの3ピースであれば、かなり頑丈だろうなと思い5万円前後で落札。
でも後日、楽器ショーか何かで Freedom の人に聞いてみたら「記憶に無い」とwww

これがその当時、出品時の画像。
出品者のお店?も忘れてしまいました。すいませぬ。


ボディのアップ。




ビンテージホワイトのような色に見えたのですが、手元に届いて確認したところ、パールホワイトでした。
色もメーカーも確認しないで買うなんて、かなり無謀ですな(;^ω^)

本体の状態や、パーツの状態、作りなどチェックしてみたところ、かなりよく出来ている感じ。
しかし、重い。

アンプに繋ぎ音出ししてみると、ネック側の DiMarzio DP103 PAF はかなり好きな音だったのですが、ブリッジ側の DiMarzio DP155 Tone Zone はよく歪むけどクリーントーンが個人的に全くダメ。
歪んだ音も低域が出過ぎていると感じ、交換決定。

ここから、色々なメーカー、モデルを取っ替え引っ替えやってみました。

確かこれぐらいは試したような気がします。
安く済ませるために、もちろんヤフオクで購入w

気に入らなかったブリッジピックアップをまず何とかしようとしました。

DiMarzio DP103 PAF ・・・クリーンはいいけど、歪みが物足りない。
DiMarzio DP151 PAF Pro ・・・クリーン、歪みともにいいけどなんか物足りない。
DiMarzio DP155 Tone Zone ・・・クリーンは全然ダメ、歪みは低域が出すぎて何を弾いているのかわからない。
DiMarzio DP192 Air Zone ・・・ Tone Zone のビンテージ版とかあったけど、全然違う。

この中では、DiMarzio DP151 PAF Pro が気に入ったけど「う~ん」という感じ。
やっていて気がついたのが、今まで DiMarzio ってあまり使ったことないことに気がついたw

それもあって、イマイチな気分になったのかもしれないと思い、んじゃ、使い慣れている Seymour Duncan も試してみようと。

フロイド・ローズ付いてるから、TB シリーズのほうだよね?
と思ったらエスカッションに入らず・・・。
SH シリーズを色々と試してみました。

Seymour Duncan SH-1 '59 model ・・・クリーンは聞き慣れた音、歪みは物足りないけど安心する感じ。
Seymour Duncan SH-4 JB ・・・クリーンは相変わらずダメ、歪みは一番好き。
Seymour Duncan SH-6 Distortion ・・・全体的にいつも歪んでる、ダメw
Seymour Duncan SH-10 Full Shred ・・・程よいパワーでクリーンは綺麗、歪みは低域が殆どない。
Seymour Duncan SH-11 Custom Custom ・・・全体的に物足りない。
Seymour Duncan SH-14 Custom 5 ・・・んー。正直どこがいいのかわからない。
Seymour Duncan SH-PG Pearly Gates ・・・かなり好みの音だけど、なんか音が固いような感じ。

他のメーカーも試しにと言うことで、Van Zandt TRU BUCKER は結構気にいりました。

でも、もはや何がいいのかわからない状態に・・・。

うがーっとなってきたので、気分転換にネック側を取っ替え引っ替え。

DiMarzio DP103 PAF ・・・ちょっと音が明るすぎる。
DiMarzio DP151 PAF Pro ・・・好みの音だけど上に同じ。
Seymour Duncan SH-1 '59 model ・・・さすが定番、だけどなんか暗い。
Seymour Duncan SH-PG Pearly Gates ・・・ちょっと高域が耳につく感じ。
Van Zandt TRU BUCKER ・・・いわゆるレスポールの音、一番いいかも。

てなことで、ネック側はあっさり Van Zandt TRU BUCKER に決定。

これに合うブリッジ側は、DiMarzio は自分には合わないということで、Seymour Duncan の中から気に入った SH-1 '59 と SH-4 JB で悩んで、結局いつも使い慣れている SH-4 JB に。

今までの苦労はなんだったんだろう・・・。

Van Zandt TRU BUCKER がリバースゼブラだったので、SH-4 もリバースゼブラを新規購入。
トーンポットを Push/Pull に交換してタップできるようにして、ついでにボリュームなどのノブも交換。

そして完成!(`・ω・´)


ヘッド。 "Samurai GUITAR" ってなに?(´・ω・`)?
ご存知のかた、ご一報をお待ちしておりますm(_^_)m


ボディ。


なんとなくパールホワイトの感じがわかって頂けるかと。
光によって、青く見えたり、黄色く見えたり、赤く見えたりとなんかいい感じ。


実はピックアップを取っ替え引っ替えしてたので、エスカッションが割れてしまったり、ネジ穴がバカになったりとしています(´・ω・`)

また近々ピックアップの交換を予定。
今お気に入りの EMG にするか、それとも Suhr にするか・・・。
こうして考えている時が一番楽しいですな。
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

tag : Les Paul Custom Floyd Rose FRT

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

さぁ

Author:さぁ

HN:さぁ

Suhrギターから名前を拝借。
メンタル面での治療をしながら事務の仕事してます。
たまに調子悪くなるときもありますが、ほぼ治ってきています。
支離滅裂な文章だ(´・ω・`)

【趣味】ギター(腕前へたれ、おっさんバンドのリードギタリスト)、ネトゲ(ガンダムオンライン)、オフゲ(PSP 最近は MHP3 )、昼寝、アニメ(ストパン、ガルパン)、フィギュア、プラモ(雑食)、そしてミリオタ。

好きなギタリストは、ブラッド・ギルス、ジョン・サイクス、フィル・コリン、スティーブ・ルカサー、レブ・ビーチ、ジョージ・リンチ、春畑道哉、増崎孝司などなど。

最近は BABYMETALがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
PS3 (2)
PSP (5)
MHF (1)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon【Music】人気商品
検索フォーム
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。