Providence FINAL BOOSTER FBT-1 レビュー

Providence FINAL BOOSTER FBT-1


ブースターとしては Fulltone Fat-Boost LP をすでに持っていたのですが
近場の楽器屋が閉店セールをしていたので格安で購入したものです。

よく知りもしないで勢いで買ってしまったので
後日メーカーさんのサイトを見てみると・・・

・PROVIDENCE/FINAL BOOSTER はフルレンジのブースターです。
 VITALIZER 回路を内蔵し、楽器の特性を生かしながら独自のブーストサウンドを産み出します。
 エフェクト・オフ時にも、VITALIZER 回路を通っていますので
 FINAL BOOSTERの 後ろに繋げる機器へ生き生きとした信号を送ります。
・FINAL BOOSTER の LED は、エフェクトの ON/OFF 状態を表示するだけでなく
 バッテリーの電圧を監視する機能を持っています。
 バッテリーの電圧が約 7V 以下になると LED が消灯しはじめます。
 この状態でもエフェクト音は出力しますが、本機の性能を十分に発揮させるために
 バッテリーの交換をお奨めいたします。

ここで見慣れない言葉が・・・ VITALIZER 回路。
・VITALIZER はギターやベースシステム内で発生する音質劣化を防ぐために開発されました。
 VITALIZER はギター本体の出力回路に応じて特性が変わる特徴を持っているため、
 ギターの持つ個性を失わないまま、信号を劣化させないように伝達する働きを持っています。

つまり簡単に言うと「バッファー」みたいな回路のようで
またネーミングの FINAL BOOSTER は「最終に接続するブースター」から来ているそうです。

オイラの使い方(ソロ時の音量上げ)にぴったり。

早速 Fulltone Fat-Boost LP との比較してみると
Fulltone Fat-Boost LP は3個のノブが付いていて色々と調整できますが荒々しい出音。
そして ON にするとスイッチノイズが出ます。

対して Providence FINAL BOOSTER FBT-1 の方はナチュラルな出音。
ブーストノブ1個しか付いていませんが左一杯だと原音と同じ音量。
右に回していくと音量が大きくなります。
ON/OFF の切り替えでもノイズが出ることなくまた音質の変化もないように感じ
メーカーさんの謳い文句どおりにボリュームペダルと同じ感覚で使うことが出来ました。

ブースターを探している方で細かな調整がしたい方には Fulltone Fat-Boost LP
単純に音量だけを上げたい方には Providence FINAL BOOSTER FBT-1 が合うと思いました。

オイラは今後 Providence FINAL BOOSTER FBT-1 を使っていくと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

さぁ

Author:さぁ

HN:さぁ

Suhrギターから名前を拝借。
メンタル面での治療をしながら事務の仕事してます。
たまに調子悪くなるときもありますが、ほぼ治ってきています。
支離滅裂な文章だ(´・ω・`)

【趣味】ギター(腕前へたれ、おっさんバンドのリードギタリスト)、ネトゲ(ガンダムオンライン)、オフゲ(PSP 最近は MHP3 )、昼寝、アニメ(ストパン、ガルパン)、フィギュア、プラモ(雑食)、そしてミリオタ。

好きなギタリストは、ブラッド・ギルス、ジョン・サイクス、フィル・コリン、スティーブ・ルカサー、レブ・ビーチ、ジョージ・リンチ、春畑道哉、増崎孝司などなど。

最近は BABYMETALがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
PS3 (2)
PSP (5)
MHF (1)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon【Music】人気商品
検索フォーム
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR