スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックアップの交換(Suhr DSH)

そろそろバンドの練習も始まるのでその前に気になっていたことを。

以前記事にしていた Charvel Custom Shop San Dimas Koa 1H TGS09
この記事にしたあと、ブリッジピックアップをもう1本の Charvel Custom Shop San Dimas Koa S/H と同じ
Seymour Duncan の TB-14 "Custom5" へ交換していました。

ミドルレンジすっきり&低域高域ブーストで所謂ハードロックな音になっていたのですが
何か弾いていて物足りなく感じてきました。

弱く弾く分にはいい感じに反応してくれるのですが
強く弾くと「これ以上は大きな音出ませんよ」みたいな
リミッターが掛かっている感じがしてどうにも弾いていてガックリすることもありました。
オイラが思っている EMG の印象にかなり近いです。

別に EMG が悪いピックアップと言う訳ではありません。
クリーンでいてノイズがなくエフェクターの乗りもいい万能ピックアップかと思っています。

そんな悶々としていた時に久々に Suhr Standard Custom Order Koa を弾いてみました。
この Suhr にはブリッジピックアップに Suhr DSH が付いていますが
弾いた瞬間に「これだよ、これ!」と1人納得。

適度にパワーがあって上から下までスムースに音が出る。
ミドルレンジも嫌味なく程々に出てくる。
Seymour Duncan SH-1 "59"DiMarzio DP151 "PAF Pro" を足して2で割ったような感じの音。

オイラはこんな感じの音が好きなんだなぁと思ったことと
同じコアボディ+ Floyd Rose なので似た音が出るかもしれないと思い
中古で買っておいた Suhr DSH へ交換しようと朝からガサゴソと工具箱を物色。

そんな訳で2回連続で DIY です。

こちらが中古で買った Suhr DSH

裏はこんな感じです。


ネット上でどの線が HOT 、 COLD なのか調べていると
サウンドハウスさんのサイトにこんな便利なページが・・・

サウンドハウス ギターマメ知識-パーツの配線

Seymour Duncan と同じだったんですね。
一応テスターを使って調べたら書いてあるように同じでした。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン)のサイトにも似たようなものがありました。
Wiring Diagrams
http://www.seymourduncan.com/support/wiring-diagrams/schematics.php?schematic=color_codes


ちなみに黒がコイル1 HOT で白がコイル1 COLD 。
赤がコイル2 HOT で緑がコイル2 COLD 。
網線がベースプレートの COLD になっています。

普通にハムバッカーとして使う(シリーズ配線)の場合は白と赤を結線し絶縁。
黒をスイッチなどに繋げ、緑と網線を結線してアースに落とします。
タップする場合は白赤線をタップスイッチなどに配線します。

では交換前にパチリ。

これから弦を緩めていきます。

裏蓋を外してみたところ。

ボリュームポットの上に緑と網線の CLOD (収縮チューブで一緒になっています)。
スイッチに黒の HOT と言う配線になっています。
これをそっくりそのまま取り外し、取り付けることになります。

配線を外したところ。

残っているハンダはハンダ吸い取り線などで取り除いておきます。
またコテ先は熱いので十分注意しましょう。

ブリッジピックアップを取り外したボディ。


取り外した Seymour Duncan の TB-14 "Custom5"


エスカッションとネジ、バネはそのまま使い Suhr DSH を取り付け。

中古にしては綺麗ですね。

ボディ表面から配線を通してエスカッションを固定。
配線の長さなどに注意してハンダで取り付ける位置を確認します。
長さの確認が出来たら配線にあらかじめ「予備ハンダ」を行います。

その写真は両手が塞がってしまうので撮っていません・・・

ハンダ付け後。


このあとすぐに裏蓋を取り付けないで音が出るかチェックを行います。
蓋をしたあとに「音が出ない・・・」となるとガックリきますからね。

チューニングをして完成です。

ここまでで1時間も掛からなかったと思います。

ゴンゴンと来る低音はなくなり
またヴィンテージ風の音も出なくなりましたが
オイラ的に使える音、狙っていたとおりの音が出てきてくれました。

人によってはミッドレンジがうるさいと思うかもしれませんが
出てない音域をどうこうするよりも
出ている音域を加工する方が簡単ですからこういうのもありかと思います。

もう1本の Charvel Custom Shop San Dimas Koa S/HSuhr DSH に交換しちゃおうかな・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

さぁ

Author:さぁ

HN:さぁ

Suhrギターから名前を拝借。
メンタル面での治療をしながら事務の仕事してます。
たまに調子悪くなるときもありますが、ほぼ治ってきています。
支離滅裂な文章だ(´・ω・`)

【趣味】ギター(腕前へたれ、おっさんバンドのリードギタリスト)、ネトゲ(ガンダムオンライン)、オフゲ(PSP 最近は MHP3 )、昼寝、アニメ(ストパン、ガルパン)、フィギュア、プラモ(雑食)、そしてミリオタ。

好きなギタリストは、ブラッド・ギルス、ジョン・サイクス、フィル・コリン、スティーブ・ルカサー、レブ・ビーチ、ジョージ・リンチ、春畑道哉、増崎孝司などなど。

最近は BABYMETALがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
PS3 (2)
PSP (5)
MHF (1)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon【Music】人気商品
検索フォーム
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。