スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G-SYSTEM で使うエフェクトボード製作記

先日から t.c.electronic G-SYSTEM に繋げる
コンパクトエフェクターを固定するエフェクターボードのことで
新たにエフェクトケースを買うか、自作するかあれこれ考えていました。

G-SYSTEM 用ギグバッグを眺めていたときに
大き目の収納スペースにコンパクトエフェクターを収められないか?
出来たら荷物1個で済む、などと考えて自作することにしました。

木材の板にするか、プラ版にするかなどと悩んでいたときに
アクリル板を加工してくれるお店をネットで発見。
見てみると厚さ、大きさなど自由にオーダーできネット上で見積もりできると・・・

でケースの大きさを測り、厚みなどを色々いじっていると
1,300 円ぐらいで作ってもらえそうだったのでポチってみました。

で送られてきたのがこちら。

これだとちょっと大きさは分かりにくいかもしれませんが
厚さは薄すぎず厚すぎずというところで 5mm としました。

普通でしたらシートを剥がしマジックテープでエフェクターを固定。
となると思いますが、あのベタベタした感じがいやだったので
このアクリル板に穴を開け、タイラップで固定する方法をとりました。

まずはレイアウトを考えます。

パワーサプライと歪みペダル3個にノイズサプレッサー。
G-SYSTEM は4つのループを持っていますので
今一番気に入っているペダルたちを選んでみました。

ケーブルとの干渉などを考えながらこの辺りに穴を開けます。


綺麗に開けることよりも位置だけを注意しながらドリルでギュルルルルル・・・
穴開け後の写真は撮り忘れました・・・

パッチケーブルを作りながらタイラップでエフェクターを固定。

パッチケーブルは色々なメーカーから出ていますが
出来合いのものを買うとなるとかなりの出費。

今回はハンダ付けもなくネジで締めるだけで完成する
George L’s の 225 を選んでみました。
一般的な George L's の 155 と比べると3倍ぐらいの太さがあり、外皮も分厚くなっていて
こちらの 225 の方が若干レンジが広くなっているそうです。

そして完成です。


ただこのままだと裏面がタイラップでデコボコしているので
パソコン用の足を貼り付けました。


使用したのはPCサプライで有名なサンワサプライのもの。


だいたい 1,600 円程度で出来たのでお財布的にも
また久々の DIY もできたので結構満足しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

さぁ

Author:さぁ

HN:さぁ

Suhrギターから名前を拝借。
メンタル面での治療をしながら事務の仕事してます。
たまに調子悪くなるときもありますが、ほぼ治ってきています。
支離滅裂な文章だ(´・ω・`)

【趣味】ギター(腕前へたれ、おっさんバンドのリードギタリスト)、ネトゲ(ガンダムオンライン)、オフゲ(PSP 最近は MHP3 )、昼寝、アニメ(ストパン、ガルパン)、フィギュア、プラモ(雑食)、そしてミリオタ。

好きなギタリストは、ブラッド・ギルス、ジョン・サイクス、フィル・コリン、スティーブ・ルカサー、レブ・ビーチ、ジョージ・リンチ、春畑道哉、増崎孝司などなど。

最近は BABYMETALがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
PS3 (2)
PSP (5)
MHF (1)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon【Music】人気商品
検索フォーム
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。