KORG PANDORA mini SoundEditor 使ってみる

インストールをした KORG PANDORA mini SoundEditor ですが
使ってみないとただのソフトです。

早速使ってみます。

まず KORG PANDORA mini を USB で PC につなぎます。

が。
この USB ケーブル。
PANDORA mini の口が小さめです。
何かのものに似ているなと思ったところ
PSP-3000 とよく似ているので挿してみたところピッタリ。

持っていたのはこちらの USB ケーブルでした。

HORI データ通信・充電USBケーブル HPP-309
【PSP】 データ通信・充電USBケーブル HPP-309

【PSP】 データ通信・充電USBケーブル HPP-309
価格:440円(税込、送料別)



早速 PANDORA mini に USB ケーブルを繋ぎ PC へ接続します。
そして PANDORA mini のスイッチを「 USB 」で起動。

ドライバーのインストールが出来れば大丈夫です。

次にデスクトップ上にある PXmini SoundEditor をダブルクリックすると
KORG PANDORA mini SoundEditor が起動します。


これはプログラムモードの画面です。
右側にある4つのボタンがありますが、上から
・Open File ( CTRL+O PC に保存してあるパッチを開く)
・Save As.. ( CTRL+S PANDORA mini のデータを PC に保存)
・Transmit ALL ( PANDORA mini にエディットしたすべてのプリセットを上書き)
・Receive ALL ( PANDORA mini から PC 上のすべてのプリセットを上書き)
となっています。


そしてこちらがエディターモード。

実際に使ってみて A ~ D に保存してあるプリセットを指で押してみると
エディターも即反応してくれることに驚きました。
当たり前といえば当たり前ですがオイラ的にポイント高かったです。

また実際にエディターでパラメーターをいじると PANDORA mini にすぐ反映されます。

なので小さい本体でパラメーターをちまちまといじるより
このエディターを使った方がかなり楽だと感じました。

KORG のサイトを見ていると前のバージョンの PANDORA のエディターなども更新されているようなので
今後のアップデートにも期待したいところです。

すんごく簡単な KORG PANDORA mini SoundEditor のレビューでした。

KORG PANDORA mini Personal Multi-Effect Processor

スポンサーサイト

KORG PANDORA mini SoundEditor インストールしてみる

ようやく KORG PANDORA mini をいじる時間が取れたので
KORG PANDORA mini SoundEditor を PC にインストールしてみます。

ソフトは こちら のページから。

KORG PANDORA mini SoundEditor
http://www.korg.co.jp/Support/Download/list.php?product=337

Mac 用、 Windows 用とあります。
普段 Windows XP のディスクトップ PC を使っていますが
部屋の隅においてあるのでギターを弾くのはかなりつらい位置にあります。
そこで別の部屋にあるノート PC を KORG PANDORA mini 用に使いたいと思います。

ちなみにこのノート PC は Windows Vista なので
PANDORA mini SoundEditor for Windows を選択します。

注意点を見てみるとドライバーが必要だと記載されていますので
まず KORG USB-MIDI Driver をインストールします。
Win 7 の方は下のほうに対策が記載されているのでそちらをご参照ください。

KORG USB-MIDI Driver
http://www.korg.co.jp/Support/Download/Software/USB-MIDI/win.html

そのまま「標準」でインストールしても問題はないかと思います。
こだわる方は「カスタム」でインストールしてもいいと思います。

いよいよ KORG PANDORA mini SoundEditor のインストールを始めます。
まず PANDORA mini SoundEditor for Windows をダウンロードします。

すると PXminiSE_1.00_ja というフォルダーがダウンロードされてきます。
その中には1つのフォルダーと2つのファイルがありますが
PXminiSE_1.00_setup_ja.msi というのがインストーラーになります。

念のために PXminiSE_1.00_setup_ja.txt はよく読んでおきましょう。

では PXminiSE_1.00_ja をダブルクリックしてインストールです。
何の問題もなくインストールできました。

あっさりしてますw

次回は「 KORG PANDORA mini SoundEditor 使ってみた」になる予定です。

KORG PANDORA mini Personal Multi-Effect Processor

KORG PANDORA mini SoundEditor

KORG PANDORA mini を PC 上で操作できるソフトウェア
KORG PANDORA mini SoundEditor が今日から公開されました。

http://www.korg.co.jp/Support/Download/Software/PANDORAminiEditor/win.html


サイトからの引用になりますが・・・

PANDORA mini SoundEditor は、PC上で PANDORA mini 本体のさまざまなパラメータをエディットしたり、
本体のプログラムをコンピュータ上で並べ替えたり、本体への転送を行うためのアプリケーションです。
エディットしたデータはただちにPCに接続されている PANDORA mini 本体に送られ、
その場でエディットした音を確認することができ、グラフィカルにたくさんのパラメータを表示して、
PANDORA mini 本体の機能を視覚的に扱うことができます。
また、プログラムの並べ替えのほか、データをファイルへ保存したり読み込むことが可能です。

まだ使っていませんが読んだ限りでは結構よさそうですね。

今度の休みの日にでも使ってみようと思います。

KORG PANDORA mini Personal Multi-Effect Processor

KORG PANDORA mini 買っちゃいました

KORG PANDORA mini Personal Multi-Effect Processor


(公式サイトは こちら )

実は発売前に予約して発売日の数日後には手元にありましたが
今日ようやくいじることが出来ました。

まず「小さい」。
この一言に尽きます。

単3乾電池と比べてもこの大きさ。

ユーティリティメニューの中にアルカリ、ニッケル水素どちらかを
選択することが出来るので「エネループ」も使えます。
経済的でいいですね。

最初はヘッドフォンの端子にステレオフォンジャックを付け
アウトプットに接続したのですが・・・
音が出ない。
初期不良?やっちまった?かと思いましたが
ヘッドフォン端子に繋ぐときちんと音が出ました。
アホですね・・・(´・ω・`)
こんなことするのはオイラだけかと思いますがマネしないでくださいね。

肝心の音ですが個人的には十分使えると思いました。
ちょっと高域が「チリチリ」した感じもしますが
設定次第でどうにでもできるのでオイラは気になりませんでした。

あと意外だったのがギター、特にピックアップの違いもわかることでした。
最初は Seymour Duncan TB-14 Custom 5 の付いたギターでセッティングしたのですが
Seymour Duncan TB-5 CustomSeymour Duncan TB-4 JB などが載ったギターで弾くと
きちんと音色が変わるのがびっくりしました。

またA、B、C、Dの各ボタンにパッチを設定できますが
パッチ切り替えに指先を使うのでさすがにライブでは
ちょっと厳しいかなと思いましたが
自宅、ライブ直前での練習用として必要十分な機能を持っていると思います。
またちょっとした宴会での余興などでは大活躍してくれると思います。

ちなみにオイラはA~Dの各ボタンに
A:ACOUSTC 320
B:COMP CL 356
C:AC CLN 355
D:SBOOGIE 238
とセットいてあります。
もちろんそれぞれのパッチの中の設定は好きなようにいじって好みの音にしてあります。
その設定変更、エディットの仕方も説明書を見るだけで簡単に変更できますし
パッチからいじらなくても何もない状態からセットアップしていくことも可能です。

欲を言えば mp3 プレイヤー機能が付いていれば
わざわざ携帯プレイヤーを繋がなくてもいいので
なおいいかなと感じました。

練習用のマルチエフェクターを探している方には
お勧め出来るものかと思います。

KORG PANDORA mini Personal Multi-Effect Processor

iSP Technologies DECIMATOR レビュー

iSP Technologies DECIMATOR
iSP Technologies DECIMATOR

iSP Technologies DECIMATOR

iSP Technologies DECIMATOR
価格:18,900円(税込、送料別)


今まで色々なメーカーのノイズゲート、ノイズリダクションなど使ってきましたが、この機種が発売されてからずっとこれを使い続けています。
予備も含めて2台持っています。アホですね。

今はコンパクトエフェクターのシステムの中に入れて使っていますが、以前 Mesa/Boogie TriAxis を使っていたときにはループに入れて使っていました。
ノイズが多いとよく聞く Mesa/Boogie TriAxis ですが、うそでしょ!というぐらい綺麗にノイズを取ってくれていました。

ラックシステム、コンパクトシステム問わず使えるノイズサプレッサーです。
繫いでいるのかいないのかわからない時があります。
また「音痩せ」も最小限に抑えられてあります。

コンパクトタイプでももう1種類出ています。
iSP Technologies DECIMATOR G String Pedal

iSP Technologies DECIMATOR G String Pedal
価格:32,550円(税込、送料別)


このタイプは「ギター → DECIMATOR → エフェクター(歪み系) → DECIMATOR → アンプ」と2回回路を通る関係上若干、ほんとに若干音痩せする感じでした。
ですが他のメーカーに比べるとこちらのほうが自然に掛ってくれます。

オイラ個人的には最初のタイプがお勧めです。
値段も半分ぐらいですからねw
アクセスカウンター
プロフィール

さぁ

Author:さぁ

HN:さぁ

Suhrギターから名前を拝借。
メンタル面での治療をしながら事務の仕事してます。
たまに調子悪くなるときもありますが、ほぼ治ってきています。
支離滅裂な文章だ(´・ω・`)

【趣味】ギター(腕前へたれ、おっさんバンドのリードギタリスト)、ネトゲ(ガンダムオンライン)、オフゲ(PSP 最近は MHP3 )、昼寝、アニメ(ストパン、ガルパン)、フィギュア、プラモ(雑食)、そしてミリオタ。

好きなギタリストは、ブラッド・ギルス、ジョン・サイクス、フィル・コリン、スティーブ・ルカサー、レブ・ビーチ、ジョージ・リンチ、春畑道哉、増崎孝司などなど。

最近は BABYMETALがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
PS3 (2)
PSP (5)
MHF (1)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon【Music】人気商品
検索フォーム
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR