G-SYSTEM で使うエフェクトボード製作記

先日から t.c.electronic G-SYSTEM に繋げる
コンパクトエフェクターを固定するエフェクターボードのことで
新たにエフェクトケースを買うか、自作するかあれこれ考えていました。

G-SYSTEM 用ギグバッグを眺めていたときに
大き目の収納スペースにコンパクトエフェクターを収められないか?
出来たら荷物1個で済む、などと考えて自作することにしました。

木材の板にするか、プラ版にするかなどと悩んでいたときに
アクリル板を加工してくれるお店をネットで発見。
見てみると厚さ、大きさなど自由にオーダーできネット上で見積もりできると・・・

でケースの大きさを測り、厚みなどを色々いじっていると
1,300 円ぐらいで作ってもらえそうだったのでポチってみました。

で送られてきたのがこちら。

これだとちょっと大きさは分かりにくいかもしれませんが
厚さは薄すぎず厚すぎずというところで 5mm としました。

普通でしたらシートを剥がしマジックテープでエフェクターを固定。
となると思いますが、あのベタベタした感じがいやだったので
このアクリル板に穴を開け、タイラップで固定する方法をとりました。

まずはレイアウトを考えます。

パワーサプライと歪みペダル3個にノイズサプレッサー。
G-SYSTEM は4つのループを持っていますので
今一番気に入っているペダルたちを選んでみました。

ケーブルとの干渉などを考えながらこの辺りに穴を開けます。


綺麗に開けることよりも位置だけを注意しながらドリルでギュルルルルル・・・
穴開け後の写真は撮り忘れました・・・

パッチケーブルを作りながらタイラップでエフェクターを固定。

パッチケーブルは色々なメーカーから出ていますが
出来合いのものを買うとなるとかなりの出費。

今回はハンダ付けもなくネジで締めるだけで完成する
George L’s の 225 を選んでみました。
一般的な George L's の 155 と比べると3倍ぐらいの太さがあり、外皮も分厚くなっていて
こちらの 225 の方が若干レンジが広くなっているそうです。

そして完成です。


ただこのままだと裏面がタイラップでデコボコしているので
パソコン用の足を貼り付けました。


使用したのはPCサプライで有名なサンワサプライのもの。


だいたい 1,600 円程度で出来たのでお財布的にも
また久々の DIY もできたので結構満足しています。
スポンサーサイト

t.c.electronic G-SYSTEM オリジナル・ギグバッグ

先日衝動買いした t.c.electronic G-SYSTEM Limited Edition を入れるケース。
こちらの t.c.electronic G-SYSTEM オリジナル・ギグバッグです。


通常版を持っていたときに イケベ楽器 さんで 15,000 円ぐらいで購入した記憶があります。
限定品だったらしく残念ながら現在では購入するのは難しそうです。

ひょっとしたらヤフオクで出てくるかもしれません。
G-SYSTEM ケースをヤフオクで探す

では実際に G-SYSTEM を入れてみると・・・

こんな感じになります。

本体がきちんと収納できるのは当然として外側の2つの収納部分。
まず細長い方は ERNIE BALL VOLUME PEDAL #6166 がすっぽりと入ります。
これですな。
ERNIE BALL VOLUME PEDAL 6166 【smtb-u】

ERNIE BALL VOLUME PEDAL 6166 【smtb-u】
価格:16,800円(税込、送料込)


これに合わせたように作られているような感じもしました。

となりの正方形の部分。
BOSS や MXR などののコンパクトエフェクターサイズなら4~6個入ります。
G-SYSTEM には4つのループが付いているので必要十分なサイズだと思います。

まだループにはどのドライブペダルを繋ごうか思案中なので総重量は分かりませんが
本体、ボリュームペダルを入れて持ってみても我慢できるレベルでした。

今現在手に入る G-SYSTEM 用のケースと言えば
純正のケースか イケベ楽器 さんのオリジナルケースで共にハードケースです。




実際に買おうと思って楽器屋で持ってみると・・・重い(´;ω;`)
足に当たって・・・痛い(´;ω;`)

ひ弱なオイラにはぴったりのケースはこのギグバッグだけでした。

通常版を手放したとき、これを手放さなかったのか今でも不思議です。

詳細な寸法などは t.c.electronic のサイトでご確認ください。
t.c.electronic G-SYSTEM オリジナル・ギグバッグ
http://www.tcgroup-japan.com/media/GSgig/

スタジオ練習&小規模ライブ用セット

先日の記事でご紹介した「MUSIC WORKS EBB1-L/BK エフェクター・バッグンボード」の中身をご紹介します。


配線ごっちゃり・・・
汚いですな(´・ω・`)
いつか時間を見て配線は全部統一しよう・・・

このボードには1個の電源と7個のコンパクトエフェクター、スイッチング、チューナーで構成されています。

まず「Noah'sark AC/DC-1」ですべての電源を供給しています。

ギターからの信号順の接続は最初に「KEELEY Compressor」へ繋ぎ
「Providence PEC-1」の「バッファーなしイン」へ接続してます。
「Providence PEC-1」の各ループへは
・Loop1 = Lovepedal Eternity FUSE(クランチ~オーバードライブ)
・Loop2 = Lovepedal Purple Plexi 800(ディストーション)
・Loop3 = Fulltone Fat Boost(ボリュームアップ)
・Loop4 = Maxon STEREO CHORUS CS505
・Loop5 = ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR + Guyatone MD2 Micro Digital Delay
・チューナーアウト = KORG DT-7 DIGITAL TUNER
と繋いでいます。

このセットですが、チューナー以外はすべて中古(ヤフオク含む)で購入してます。
新品なんてとても高くて買えません・・・w

とりあえずこのセットでヘビーメタルは無理ですが色々なジャンルをまかなえるようにしてあります。
場合によっては Loop2 の Lovepedal Purple Plexi 800 を他のディストーションに変更することもあります。

てなわけでオイラのペダルボードのご紹介でした。

各製品のご紹介はまた後日にo(,,・ ω ・)ノシ

MUSIC WORKS EBB1-L/BK エフェクター・バッグンボード レビュー

MUSIC WORKS EBB1-L/BK エフェクター・バッグンボード

練習スタジオ・小規模ライブ用のエフェクター類をいれるために使っています。

これを使うまでは「Electro-Harmonix Pedal Board Bag」を使っていたのですが、横に細長いこともあり少々使いにくくなったので使いやすいものを探していたときに、御茶ノ水の楽器屋さんで偶然見つけたものです。

大きさは、H340 X W575 X D95で重さは 1.55kg。
中にエフェクターボードが入っています。
ボードの大きさは、H315 X W550 X D7で重さは 0.5kgです。

外側に2個のポケットがありますが、オイラの使い方は大きいほうに電源延長コード、小さいほうにピックケースなどの小物を入れています。

買ったときの値段がかなり安かったので(特売)ちょっと心配もありましたが、結構頑丈に、そして中の淵には結構な厚みの緩衝材があったので、いい買い物をしたと思っています。

コンパクトに限らずマルチエフェクターも入るみたいなので、ブランドにこだわらない方にはお勧めできると思います。

中に入れてあるエフェクター関係はまた後日に。



MUSIC WORKS EBB1-S/BK エフェクター・バッグンボード S-size を探す。

MUSIC WORKS EBB1-S/BK エフェクター・バッグンボード M-size を探す。

MUSIC WORKS EBB1-S/BK エフェクター・バッグンボード L-size を探す。

アクセスカウンター
プロフィール

さぁ

Author:さぁ

HN:さぁ

Suhrギターから名前を拝借。
メンタル面での治療をしながら事務の仕事してます。
たまに調子悪くなるときもありますが、ほぼ治ってきています。
支離滅裂な文章だ(´・ω・`)

【趣味】ギター(腕前へたれ、おっさんバンドのリードギタリスト)、ネトゲ(ガンダムオンライン)、オフゲ(PSP 最近は MHP3 )、昼寝、アニメ(ストパン、ガルパン)、フィギュア、プラモ(雑食)、そしてミリオタ。

好きなギタリストは、ブラッド・ギルス、ジョン・サイクス、フィル・コリン、スティーブ・ルカサー、レブ・ビーチ、ジョージ・リンチ、春畑道哉、増崎孝司などなど。

最近は BABYMETALがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
PS3 (2)
PSP (5)
MHF (1)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Amazon【Music】人気商品
検索フォーム
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR